多品種小ロット低コストがプリントビジネスのチャンスに!

多品種小ロットの需要が高まっているその背景には、消費者のよりパーソナル趣味趣向によるカスタマイズニーズが、今までに無い様々なシーンやマーケットで発生していると言えます。
このニーズに対応しているのが「多品種小ロット」に強いスマートペーパーによるプリントです。
スマートペーパーでのプリントはフルカラーの高付加価値な成果物を1枚から製作することができ、ロット数に影響されることなく、様々な要望に対応することが可能であることから、新しい商品やビジネスを生み出すきっかけとして貢献します。

スマートペーパーとは?

レーザープリンタを使って転写する、フルカラーのインレタです。スマートペーパー(略称:スマペ)を使うと、紙はもちろん、ガラス、陶器、プラスチック、PPフィルム、木など、さまざまな素材にプリントできるようになります。

印刷サンプルを見る

スマートペーパーの特徴

  • 弊社推奨のLEDプリンター・コピー機で出力した画像を、こするだけでさまざまな素材に印刷することができます。
  • 機械は一切必要ありません。誰でも簡単に、その場で印刷ができます。
  • 立体物はもちろん、凹凸面や3次曲面にも印刷できます。
  • 印刷する素材の材質を選びません。シールが貼れるような材質であればほとんどOKです。
  • 下地が透けない、白い裏打ちができます。
  • カラーコピーの文字・絵柄だけを切り抜いた形で印刷ができます。(カッティングシート状態)

 

多品種小ロット対応が Key

消費者のパーソナルな趣味趣向が強まり小ロットやオンリーワンなどの商品が重要視されています。このような
状況では、価格よりも品質、オリジナリティーが重要になり、消費者が販売側の価格を受け入れやすい環境に
あります。多品種小ロットに対応することで、価格競争の影響を受けにくく安定したビジネスが可能になります。
この体制が取れていると、市場のトレンドや顧客のニーズに合わせた商品開発に素早い対応が可能になり、ビジネスの行動力が上がります。

 

新たな付加価値を小ロットで

 

スピーディーな商品開発が可能!

 

二次加工が効果的

商品を一から製造するよりも、すでに用意されている商品にプリントすることによって、商品開発も短時間でおこ
なえ、在庫を負担するリスクも軽減してスマートペーパーが得意とする多品種小ロットへの対応が可能となります。
市場にあふれている様々な素材に関する情報を仕入れることにより、不織布・紙袋・ダンボール・発泡スチロール・バルーン・色紙・菰樽・水筒・弁当箱・ビン・缶・Tシャツ・トートバックなどありふれた既製品が魅力ある商品に生まれ変わります。