トナー転写で「擦過性」が気になる方、「耐久性の高い」商品として使用したい方向け

UVプリンタでプリントアウトした後、アプリケーションフィルムを貼り合わせるだけで簡単に転写できるシートです。

従来の転写と違い、弊社のUVプリンタ用転写シートは、正像で印刷するため、UVプリンタの特徴である、グロスをかけた印刷や盛り印刷など、立体感や厚みのある印刷表現を転写で実現できます。

UVプリンタ用転写シート資料 ご注文

印刷・転写に関して

  1. 糊シートの離型紙を剥してプリンタにセットし、糊シートの上にそのまま印刷して下さい。 印刷を終えたシートに、糊シートと対になったアプリケーションフィルムを、糊面同士を付けるようにして接着して下さい。
  2. 糊シートとアプリケーションフィルムを剥すと、印刷面がアプリケーションシートに移ります(印刷面の裏側の糊面が出てきます)。
  3. 印刷面の裏側(糊面)を、転写したいものに、しっかりと圧着して下さい。
  4. アプリケーションフィルムを剥すと、印刷面以外の糊はアプリケーションフィルムについたまま、印刷面だけが転写物に転写されます。
  5. 周囲に糊が残った場合は、アプリケーションフィルムを付けて取り除くか、軽くアルコールなどでふき取ってください。

UVプリンタ用転写印刷シートのご紹介と印刷方法

転写印刷の注意

  • アプリケーションフィルムは、しわにならないように貼り付けてください。
    (本サンプルによる転写印刷テストは、小さな画像から試し、アプリケーションフィルムは、貼りやすい大きさに切りながらご使用下さい。)
  • インク量が薄いと、転写できないことがあります。印刷の際は、白をひいたり、グロスをつかったりしていただき、インク量を調整して印刷して下さい。
  • 印刷後の糊シートとアプリケーションフィルムは、接着後、3時間以上なじませてから転写作業をするようにしてください。
    (糊同士をなじませてからでないと、糊残りが多くなったり、印刷面を欠けやすくしてしまったりすることがあります。)
  • 糊シートとアプリケーションフィルムは、接着後1週間以内に使用してください。(接着後、あまり長い間置いておくと、印刷面の上に糊が付着してしまうことがあります。

UV プリンター用転写印刷の注意点